ミュゼ京都 クリーム 脱色剤

マイ脱毛の注意点3 ~脱毛クリーム・脱色剤の場合~

脱毛クリーム・脱色剤のメリット

短時間で広範囲の脱毛ができる
毛を薄くし目立ちにくくする脱色剤も有効

 

毛抜き脱毛のデメリット

薬剤による皮膚トラブルが発生する
脱色剤による肌トラブルに注意が必要

 

市販の脱毛クリームはアルカリ性の薬剤を塗って毛を溶かすいうものです。短時間で広範囲の脱毛が手軽に自分で行なえることがメリットですが、薬剤が皮膚に合わない場合もあるので注意が必要です!薬剤はアルカリ性の化学反応によって毛を溶かしますので皮膚の保護膜を一緒に溶かすため、湿疹、腫れ、アレルギーの肌トラブルを引き起こす原因となります。また毛の色を薄くして目立たせにくくする脱色剤も脱色クリーム同様、肌トラブルの原因となります。

 

こうした肌のトラブルを避けるためには、使用前に必ずパッチテストを行なってください。また毎回同じ脱毛クリームや脱色剤を使用する場合でも女性ホルモンなどの要因で体質が変わる場合がありますので毎回行なうことをお勧めします!